個人の方へ

還付申告の支援
グリーン投資減税及び生産性向上設備投資促進税制による還付申告のお手伝いをします。平成25年確定申告の還付成功率は100%!消費税還付にも対応しております。
但し、弊社でお受けすると有償になりますので、規模が小さく会計事務所に依頼するのはちょっと…という方には下記ご覧頂きご自身で申告して頂くのが宜しいかと思います。
*申告をお任せ頂ける場合はお早目のご相談をお願い致します。(事前に提出が必要な届出もあり申告の際では手遅れになる可能性があります。)
前提条件

(株) ○×工業(港区芝浦)にお勤めの小林太郎さんはH25年の半ばから太陽光パネルの設置準備を進め、10月から売電収入が入っています。 1ヶ月あたりの売電収入は50,000円でH25年合計で150,000円の収入です。

今後も積極的に太陽光パネルを増設していく予定ですが、今回のパネル設置代金は借入金でまかない、土地は自己資金で購入しました。 小林太郎さんはグリーン投資減税の適用を受けると支払った所得税が還付され、 来年度の住民税も少なくなることを知ったので還付申告を行いました。

小林太郎さんは事業開始時に事業用の口座に100万円入金しており、 経費は借入金の利息以外は手持ちの現金で支払っています。

小林太郎さんの申告データ
給与収入 7,200,000円
社会保険料控除 982,452円
売電収入 150,000円
パネル設置代金 5,021,100円
借入額 5,000,000円
土地購入代金 570,000円
グリーン投資減税適用 扶養なし
手持ち現金で支払った経費
租税公課 20,000円
荷造運賃 6,000円
旅費交通費 8,000円
通信費 20,000円
接待交際費 20,000円
保険料 22,112円
消耗品 10,000円
会議費 28,000円
図書費 10,000円
支払手数料 69,000円
雑費 12,000円
合計 225,112円

手持ち現金で支払った金額の合計 570,000(土地)+225,112(経費)=795,112円

事業開始時の口座残高 1,000,000円
【入金額】
売電収入 150,000円
借入 5,000,000円
【出金額】
パネル代金支払 5,021,100円
借入金の返済額 83,400円
支払利息 25,000円
12/31の口座残高 1,020,500円
12/31の借入金残高 4,916,600円
確定申告書サンプルをダウンロード
法人化の支援
設立後の会計をお任せ頂ける場合設立の報酬は頂いておりません

法人の方へ

節税プランのご案内
私たちが実際に行っている太陽光発電の業者の方をご紹介出来ます。

融資のご支援

法人設立をご希望で弊社のお客様になって頂ける方には無償で創業時の融資のご支援を致します。
具体的には弊社事務所で金融機関の方と面談を行い、必要な自己資金や融資可能額等のアドバイスを受けることで申し込みから実行まで円滑に進められます。
(但し、融資の実行を保証するものではありません) これにより発電事業運営のイメージを掴んで頂きスムーズな開業のお手伝いを出来たらと思います。

規模・目的別サービス

低圧1基のみの方(合計100kw未満)

規模が小さいため個人事業主として事業所得で申告することをオススメします。 消費税課税事業者を選択することにより消費税の還付、グリーン投資減税・生産性向上設備投資促進税制の適用により所得税の還付・住民税の減額が見込めます。

但し、グリーン投資減税・生産性向上設備投資促進税制の適用を受けるとお勤め先に副業がばれてしまうため注意が必要です。

低圧2基以上の方(合計100kw以上)

規模が大きくランニングコストの増加を節税メリットが上回る可能性が高いため法人化をオススメします。

グリーン投資減税・生産性向上設備投資促進税制・消費税還付をお考えの方

詳しくは下記PDF「ソーラー投資をさらに有利にする方法のご案内」をご覧ください。